25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ ネタバレ 31話 【蟹江くんがはしゃいでる……っ】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ31話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ ネタバレ 30話 【やっぱり学校はまずいと思います】

2017.09.13

 

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ31話を読んだネタバレ

 

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

「本物の果歩ちゃんに会ったよ」

 

 

 

翌日、掃除をしている花は相田くんから突然そう言われて固まってしまいます。

 

 

 

持っていたゴミ箱を思わず落としてしまった花。

 

 

 

こぼれてしまったゴミ袋を手渡しながら、相田くんは耳元にささやきます。

 

 

 

「学校にばれたらどうなるかな。まずいよね、別人が通ってるとか」

 

 

 

言い返そうとした花は、そのまま言葉を飲み込みます。

 

 

 

「君の本当の名前……」と言いかけた相田くんに花は「そうだね」と答えると、ふっきれたように話し始めました。

 

 

 

「自分が駄目なことしてるって自覚はしてるし。もし学校にばらすとしても私はなにも言えない」

 

 

 

相田くんが、花からの思ってもみなかった言葉に戸惑っています。

 

 

 

「あ、でも。今までだった別人だってことわかってたのに言わないでくれて、ありがとう」

 

 

 

拍子抜けしてしまった相田くんに「じゃあ行くね」と残して、花は掃除の後片付けに行ってしまいました。

 

 

 

(ありえねえ。どんだけお人好し……)

 

 

 

引き留めようとしたものの踏みとどまる相田くん。

 

 

 

「やべ、マジで惚れたかも……」

 

 

 

(蟹江くんがはしゃいでる……っ)

 

 

 

デートの当日。水族館で存分に楽しんでいる様子の蟹江くんにときめいてしまう花。

 

 

 

「蟹江くん、今日はありがとう。忙しいのに……」

 

 

 

「誘ったのは俺の方だろ」

 

 

 

蟹江くんはそう言いながら花の手を握ります。

 

 

 

「別にいいだろ?ここは学校じゃないし。今は名鳥とデートしてんだから」

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

 

『25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ