25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ ネタバレ 25話 【俺は好きだけど、名鳥のこと】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ25話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ ネタバレ 24話 【悪い、やりすぎた……】

2017.07.08

 

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ25話を読んだネタバレ

 

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

蟹江くんを自宅へと迎え入れたものの、なんとなく気まずい二人。花がなんとか話をしようとするのを蟹江くんが遮ります。

 

 

 

「昨日は悪かった」

 

 

 

頭を下げる蟹江くんに慌てる花ですが「いいから謝らせろ、気が済まない」と止めようとしません。それを見て、花も昨日のことを謝ります。

 

 

 

「立派に働く姿を見ていたら、自分が情けなくなって……」

 

 

 

さっきまで叔母さんの家に言っていたと話します。

 

 

 

今の状態を改善したいから、と続ける花を蟹江くんは優しく抱き寄せました。

 

 

 

「立派な教師なら、お前のことも許してないだろ」

 

 

 

そして、蟹江くんは高校の頃のことを話し出します。

 

 

 

高校の頃に二人で勉強していたことを、この間思い出したと言って謝る花。

 

 

 

「それだけか?」

 

 

 

気になる言葉に花は戸惑いましたが、蟹江くんは気にする様子もなく話を続けます。

 

 

 

(何で急に昔のことなんて……)

 

 

 

今の自分が居るのはあの時の花が居たからだから、自分を悪く言うなと真っ直ぐに見つめて言う蟹江くん。蟹江くんの気持ちを知ることが出来た花は胸が高鳴ります。

 

 

 

そこで突然言葉を濁した蟹江くんでしたが、開き直ったように言いました。

 

 

 

「名鳥のそういう所に惹かれて、告白したんだけどな……」

 

 

 

なのに全然覚えてないし、という蟹江くんですがそもそも「私告白なんてされてないっ!」

 

 

 

「お前がそうとってなかっただけだろ」

 

 

 

『俺は好きだけど、名鳥のこと』

 

 

 

図書室で勉強をしながらサラッとそう言った蟹江くんに、花は笑って返事をします。

 

 

 

『あはは。蟹江くん、冗談上手いね』

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

 

『25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ ネタバレ 26話 【さわられるの期待した?】

2017.07.08