25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ ネタバレ 8話 【蟹江って昔、名鳥さんのこと好きじゃなかったっけ?】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ8話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ ネタバレ 7話 【変に反応すると怪しまれるぞ?】

2017.07.07

 

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ8話を読んだネタバレ

 

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

蟹江くんに連れ出されてしまった花。

 

 

 

トイレの個室に連れ込まれ突然のキスに戸惑う花の服を下着ごとスルリと引き下ろします。

 

 

 

花は抵抗しようとしますが、蟹江くんは「今日は生徒じゃないから、やめてやらない」と意地悪く言って露わになった胸を包み込むように愛撫を始めてしまいました。

 

 

 

抵抗しようとしますが敏感な胸の先を指で摘まれてしまうと、漏れ出てしまうのは喘ぎ声になってしまいます。

 

 

 

そこへ、外から声が。

 

 

 

(誰か入ってきた……!)

 

 

 

人が来たから、と言おうとした花のスカートに蟹江くんの手が滑り込みます。

 

 

 

太ももから上がっていく指の先は花の敏感なトコロ。

 

 

 

手で口を覆って、花は必死に声を殺します。

 

 

 

(もぅ……バレちゃう)

 

 

 

「お前が声を出したらバレるかもな」

 

 

 

下着越しだった愛撫が、直接ナカへの刺激に変わっていき、花は立っているのもやっとな程感じてしまいます。

 

 

 

胸を舌先で刺激され、花が限界になりそうになったときに聞こえてきた会話。

 

 

 

「蟹江って昔、名鳥さんのこと好きじゃなかったっけ?」

 

 

 

それを聞いて一瞬我に返った花

 

 

 

(蟹江くんが、私を──?)

 

 

 

「話を聞いてるなんて余裕だな」

 

 

 

そう言った蟹江くんは、花の入り口を確かめたかと思うといきなりの挿入。

 

 

 

あまりにも唐突な後ろからの激しい責め。花はこすり合わさる快感を抑えられなくなりそうです。

 

 

 

(声……出ちゃう……)

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

 

『25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ ネタバレ 9話 【ああ、イッていいぞ】

2017.07.07