25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ ネタバレ 26話 【そんな風に求められたら……私だって……】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ26話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ ネタバレ 25話 【さわられるの期待した?】

2017.07.08

 

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ26話を読んだネタバレ

 

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

「失礼します////」

 

 

 

脱がしている花の方が照れてしまって蟹江くんを見ることができません。

 

 

 

その後の行為を期待してしまい、触られていないのに下半身が疼いて自分でもわかるほど下着が濡れてしまう花。

 

 

 

「よくできました」

 

 

 

服を脱がせ終わった花の身体を押し倒して、既に潤っているソコを優しく舐める蟹江くん。

 

 

 

敏感なトコロを指でころがされて、いつもより明らかに感じやすくなってしまっている花はあっという間にイッてしまいます。

 

 

 

あまりの早さが自分でも恥ずかしくて顔をかくして謝る花。その扇情的な姿にそそられ、蟹江くんは欲情します。

 

 

 

「わるい。もっと気持ちよくしてやるって言ったけど……」

 

 

 

花の入り口に蟹江くんが余裕なく擦り付けられます。

 

 

 

「いれてぇ……っ」

 

 

 

(そんな風に求められたら……私だって……)

 

 

 

一気に花へ突き立てる蟹江くん。ゆっくりとキスをした蟹江くんは、花の抱き起こして自分の上に座らせます。

 

 

 

お互いに向き合う二人。

 

 

 

「やっぱ、この方がよく顔が見えるな」

 

 

 

恥ずかしすぎるその体勢。蟹江くんは身体を動かし、花への挿入を深めます。

 

 

 

ゆっくりと身体を動かし、花の身体を味わうような丁寧な愛撫。

 

 

 

耳元で「好きだ」と囁かれ、花は蟹江くんにしがみつきながらイッてしまいました。

 

 

 

「明日はちゃんと学校に来いよ」

 

 

 

二人はまた先生と生徒のやりとり。

 

 

 

それでも花は(好きだって聞いて、嬉しかった……)

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

 

『25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ