25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ ネタバレ 19話 【俺もすっげえ気持ちいいから。安心しろ】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ19話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ ネタバレ 18話 【朝から台所でこんなことしてるなんて、】

2017.07.08

 

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ19話を読んだネタバレ

 

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

「俺はその方が嬉しいけどな」

 

 

 

そうして笑った蟹江くんは「ちゃんと気持ちよくしてやる」と花の首筋に優しくキスを繰り返します。

 

 

 

(私、いやじゃなくなってる……?)

 

 

 

くるりと体勢を変えた花に、蟹江くんは奥まで届くほど深く挿入して動き始めました。

 

 

 

その激しい抽挿に合わせるように、花は甘い嬌声を漏らします。

 

 

 

ナカへの快感と同時に外の敏感なトコロへの刺激が加わり、反射的に「だめ……」と声を上げる花。

 

 

 

「『気持ちいい』だろ?」

 

 

 

そう言って、優しくキスをする蟹江くんに花は気持ちよさからうっとりとしてしまいます。

 

 

 

「蟹江くんも……?」

 

 

 

無意識に出たその言葉に自分で恥ずかしくなった花は「今の忘れて!」と慌ててごまかそうとします。

 

 

 

「俺もすっげえ気持ちいいから。安心しろ」

 

 

 

簡単な朝食を済ませた二人でしたが、花はさっきの自分の言葉が恥ずかしくてたまりません。

 

 

 

「そういえば、相田くん昨日は学校来てた?」

 

 

 

話を切り替えたくてとっさに思いついた話題でしたが、タイミングの悪さに蟹江くんもさすがに呆れています。

 

 

 

空気が読めない花に「昨日まで俺に聞きたがってたことあるだろ?」と話を中断させました。

 

 

 

高校の頃から好きだったのか聞きたくて……と言おうとした花に一言。

 

 

 

「ぜってぇ言わねえ」

 

 

 

学校の休憩時間。蟹江くんが不機嫌になった理由が分からない花はため息をつきます。

 

 

 

その後ろから「果歩ちゃんみっけ!」と声をかけてきたのは相田くんでした。

 

 

 

急いでるから、とその場を離れようとする花でしたが……。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

 

『25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ ネタバレ 20話 【蟹江くん、何考えてるの!?】

2017.07.08